<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
しわしわ

続きを読む >>
大沼国定公園 の風景とconeruさんのシロップ

続きを読む >>
本と珈琲と酒

続きを読む >>
時計の音

続きを読む >>
冬花火

続きを読む >>
足跡

続きを読む >>
振り返ると見える景色

続きを読む >>
小樽の街時間

続きを読む >>
シャンディニヴァースカフェ 時間 言葉と本の文字

 

関東も荒れていると母から電話。

朝から 吹雪ていて

窓の外は斜めに向かう雪の景色。

年明けに帰省した時期が同じだったという 長沼町のシャンディニヴァースカフェさん お二人に会いに行きました。

夏の頃には一面野菜の緑が広がる地域。

ホワイトアウト状態の道路を抜けて辿り着いたら 一時晴れ間が見えて嬉しくなった。

 

2月の限定メニュー野菜が入った海老のバターマサラカレーを目指したはずが、

いざ、2人でいっせいのせでオーダーすると チキンマサラと海老のココナツカレー二種!

同じでした。

付け合わせのサラダなどともバランスが絶妙で美味しいのです。

 

粉雪の吹き溜まりは、柔らかで 子供みたいに遊んでいたら、一瞬で手が真っ赤に。

美しい景色だなって 遠くを見ました。

 

この日に話せた坂本さんご夫婦の言葉、ふと手にした本のページ。

今の自分に必要言葉でした。

素敵な時間を過ごす事ができました。

 

この日の事を振り返る時が来るのだろうな。

まずは熱いうちに、想いのカタチに向き合ってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の雪粒