<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
クロス、角切の平皿


能登朝奈

15cm角


現在オーロールに有ります作品をこの記事にてお伝え致します。

オーロールが宇都宮の一軒家に有りました頃より朝奈さんの器を希望くださる方のご縁に恵まれております。

本日も、新たな嬉しいお声。

ふっと届く皆様のお声、ありがたく思っております。

雨粒雨音 UIマルシェ

雨粒雨音。

早朝に自宅の出る時、カッコウの声がより近く響きがとても美しく感じました。

北海道に降る雨の印象が近年変化してきている印象。

関東の雨の様子を思い起こさせる雨。

二階のフロアの窓から雨傘がくるり。


寒々強い雨の中を、マルシェの時間めがけてお越しくださった方々が、オープン時間までお待ちくださっていた姿にじんときました。東海大学の学生の皆様にお世話になり、シェアアトリエUIに初めて伺った時のこと、遡って札幌市南区に移り住む経緯、オーロールについて、これらはUIマルシェへの想いに通づるものとなり、改めて言葉にしお伝えする機会を頂きましたことに感謝。

greens beeさんの薔薇や緑華やぐ様子を見ながら 月に一度の開かれた扉から二階へ。

街の皆様にとって、緑豊かな地域の、安心や賑やかに集う時間や、繋がりや愉しみが、これからも緩やかに広がりを持つ事をそっと願っております。

その願いは、ずっと以前からオーロールに込めているものにも重なっている事をふと、帰り道に思いました。

また、オーロールは自分自身でもあるから自身がそこに立ちその場で出来る限りの今現在の範囲で経験し学べる事をよろこびに思っています。

帰り道の途中で、素晴らしいビュースポットがあり車で走るその先が、高く高く空一面の世界になる、その景色を見る度に心がしっとり。



UIマルシェの機会のおかげで、御近所にお住いの方が玄関や庭先、愛犬の散歩の際に 挨拶やお声をかけてくださいます。

先日は、長年使われた家具を受け継ぐご縁に恵まれ、マルシェの終わりにアトリエを後にした時、雨上がりの散歩の柴犬に触れ合い飼い主さんとお話を。

すぐ先に狐歩き、その上の電線を烏が跳ねて雨がザーッと落ちました。


栃木県から札幌市南区に移り住んだ頃より今は郊外へ移り帰り道は遠くなりましたが、また次回より皆様にお会いできます事をたのしみにしております。



6/25に続くは7/23日曜日UIマルシェ開催です。

Facebook  シェアアトリエUIページ+真駒内加藤新聞販売所さん御協力の元、北海道新聞の広告でもお知らせがございます。



堆積するカケラ

夏至の日の夕刻から今日は雨。

空が厚い雲に覆われて、寒々。

北海道も日本海側の海辺で過ごした時間に、波打ち際の水の透明感を新鮮に思いました。

先日記したシーグラスなどの漂流物については、オーロール展の際に出逢った方と海のお話をしていたので、波打ち際でその日の事を思い出しておりました。

海辺から離れても、尚気になっているものは、何故か小さな小さなカケラ達。

砂浜のあちらこちらに、積み重なって、波が引き寄せた形状に堆積しているもの。

木や貝や石、様々なものがこの一粒のカケラになった姿に惹かれるこの頃です。


後数日となりました、6月25日日曜日開催の札幌市南区UIマルシェにて自分らしい表現ができるかなぁとたのしみにしております。

六角グラスと高脚杯

能登朝奈 器

六角グラスは、女性の手がすっと添えられる程よい高さ。

飲みものを頂く時に、六角の一片に、フィット。

丸い曲線のグラスと異なる魅力。

グリーンのグラスには、アイスコーヒーが映え、デザートも美しく盛付け。

 

オーロールが宇都宮の古家の空間にあった頃、自然光と古い家具の棚の中に配置。

朝奈さんや千加重さん、実登利さんが来て下さった時のひとときも、懐かしく思い出されます。

現在は充電期間中のオーロールですが、企画展示販売や、マルシェ出店の他、ダイレクトにお届け致します。

是非、深く朝奈さんの器を希望下さる方がいましたら、お声を届けてください。

出来るだけご希望を朝奈さんにお伝えし、お届けできるよう努めます。

 

能登朝奈 菱形硝子皿

能登朝奈   菱形皿    縦12cm横12cm

厚さ1cm

ガラス皿を手に持つと一辺のラインが揺れるように、心地良い。


3240-(現在一枚有り、他はご注文下さい。)




海辺の時間と子狐

曇り空な北海道。

ずっと以前から海辺に行きたいと思いながら森に出かけることが多かった私達。

関東から足を伸ばして訪れたことのある海や港の記憶とはやはり違った風景。

砂浜の感触、波の音、寄せては返す リズムはこの様なのだなぁと、時間を忘れて。

砂浜のあちこちをゆっくり歩きながら、貝殻や流木のカケラ、シーグラスを観察。

黙々と拾い集めていたら、もうすぐそこに 小狐が此方に近づいてきていました。

はっと驚いて、しゃがんで瞳でご挨拶。

とこっと、海鳥の方へ歩いて行きました。

山が深く、海と隣接している土地故の狐との遭遇でした。

海の時間、今日のかけがえのない宝物。


あと数日となる25日は、札幌市南区でお世話になっております、シェアアトリエUIのマルシェに参加させて頂く予定です。

月に一度の、開かれた扉。

この機会の時間をいつも本当に大切に思っています。

その場所でお顔の見れる方々が居なければ、きっと私は前を向くことができずに居ただろうと。

そして、今日の時間が、スライドの様に連鎖する事によって、どの様なことを表現できるのか、とてもたのしみです。

自分の思う様に実際にやって見て、皆様に見ていただける機会。ありがたい事です。

しばらくは、今日の海辺の漂流物と対話してみたいと思います。



Instagram   zakkaaurore の写真とblogは連動しながら、オーロールが宇都宮の一軒家で過ごした時間を共有くださった方々が見てくださるこのblogを大切にしております。

ではまた、後日。


庭の草花

北海道は、毎週末雨つづき。

三週連続とは懲ります。

近年雨が多くなっている様子。

どうか夏の台風など異常なルートになりませぬように。


今日は庭の様子をと支度したら、激しい雨。

寒くなって、雨の音とともにしゅん。

花器に生けていた草花も、はらり。

花弁の水分がキュッとした時の濃い色彩は美しいな。


そう言えば、先日、130センチ位に伸びたアスパラを数本見つけ、4月終わりに長期で留守にした時に成長をしていたのだなあとしみじみ。いつも土からニョキッと出始めの頃を見逃してしまい、おいしいアスパラには出会えていない。

今は小さな黄緑の可愛い実をつける姿をたのしもう。


二名さんからのお便り

2017/5/28から6/25まで

二名良日ふたなよしひ

「銀座凮月堂植物観光旅行」展

銀座凮月堂にて

喫茶スペースの展示によりワンドリンクのオーダー制。


歴代の住所の転送を現住所にかけていて、このお手紙は宇都宮オーロール時代の住所が書かれている。

何だか懐かしい。

北海道に身を置いて約2年となれば、懐かしいと思える自分も少しは成長が見られたのだろうな。

国立で拝見した時のリースの迫力や息吹を思い出せてくれる。

お近くの方は是非お出かけくださいませ。

北海道でも是非にと心の中で願う。

アンカーソックス

 

マリンアンカーソックス
3本ライン入りのタイプのみ有り。
一本ラインのタイプは完売。
コットン  
ベージュ地にネイビーライン、ネイビー地にホワイトライン の2タイプ。
一足  1404円
size
26センチくらいまで。

かのこポロシャツのように、サラリとしていて薄地の靴下。
高度な織の技術である⚓マークが織り込まれ、表と裏の違いがない美しい仕上がり。
鹿の子織りの特色ゆえ、肌の接地面がさらり、肌心地がとても良いです。
しっかりと作られていて、摩擦で繊維が毛ばだったりすることがありません。
メイドインジャパンの靴下品質。
一足よりポスト投函にてお届けいたします。
お問い合わせは、プロフィール欄よりmailにてご連絡くださいませ。
休日の過ごし方

雨続きな日の後には、晴れの青空とあたたかさが嬉しい。

風がつめたいから、羽織りものは必須です。

休日の過ごし方。

気の向く方へ歩くうち、風で地面に落ちた葉を拾い集める。

海辺や湖で探し、イメージしていた石達を発見。

丸くつややかな中に繊細な縞模様が美しい。