<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

布巾 白にストライプの印

 

以前宇都宮を離れる時に ふきんやマットの頂き物がありました。

長方形のワッフル生地や白いふきんでした。

慌ただしく引越しの荷物に積み込み、新天地の小さな住まいで荷物を開けた時にホッとしました。

慣れない台所でもふきんはいつも安心を与えてくれました。

ふきん一枚がこんなに愛おしいと思える。

 

そうしてこの度の川沿マルシェ出店目掛け、お世話になる方にリクエスト。

ふきんを作って頂きました。

くるりと巻いておしぼりに。

ロープの様な糸が縦横に繋がり隙間の空いた織りで、すっとした張りがあります。

乾きが早く汚れ落ちの良さが抜群。

女性の手に馴染む無駄のないサイズ。

ストライプタグは、何枚も使う際に 用途や場所で分ける際の印にもなります。

 

マルシェの機会に街の皆様とお会いできる事を本当に嬉しく思います。

皆様が楽しく過ごせますよう。

 

 

北海道に住む方々がこのブログを知ってくださる日はもうすぐでしょうか。

変わらずこのままマイペースでありたい。

上記は、2016.9月20日に記したblogです。

2017.3.19 再びUIマルシェにお持ちいたします。

 

マット

続きを読む >>
シワシワのダブル

 

続きを読む >>
AUROREbag

 

貴重品などが一式入る大きさの小さめバッグ

何気ないハンコのタグは、だいぶ以前に用意していたものを再利用。

懐かしく愛おしい。

腕を通すことが出来て 持ち手の幅が細い所が気に入っています。

お世話になる方が作って下さり郵便で今朝到着。

天候の影響があり数日かかって遥々。

 

 

 

 

blogに掲載写真のお品、上記手提げバッグについて、

気になる方はmailにて問い合わせ下さいませ。

また、皆様からのメッセージお待ちしております。

mailはプロフィールに記載。

 

タイプ文字

空が穏やかな今日。

秋の空は 柔らかで流れる雲と 遠くの山々は美しい。

 

久しぶりのタイプ文字

タイプのこの重さや音がたまらなく沁みます。

向き合う気持ちは変わらずとも

より心を込めて。

青空の下

 

7月22日 金 晴れ

 

先日お世話になる方からお声掛け頂き 秋に札幌市内のマルシェに出店させて頂く予定となりました。

青空の下 新たな気持ちでオーロールを通し 北海道に住む方と出会える事を楽しみにしたいです。

以前から宛てもなく、でもいつかと思いながら 作りためた物があります。

クリーム色の木枠の窓は十字模様、テーブルに着くと、遠くの山を望んでは 想いを馳せています。

前よりも 丁寧に細かくやってみよう。自分らしさを出してみようと ゆっくり縫い進めたものいろいろ。

 

今日は晴れの空 。

光は強く 車の中は日差しで熱を持ちますが、風が吹き抜け その冷たい風が暑さを運んでいきます。

引越しの荷物に積んだ年代物の扇風機は全く活躍の余地無く、虫もあまりいませんので蚊取り線香もつけていません。

とうきび畑は、まだ小さな丈の緑色。

余市のサクランボと夕張メロンが果物コーナーを華やかにしています。

バイクに荷物を積み、旅をしている方をよく見かけ

キャンピングカーも沢山。

ビアガーデンは、連日賑わい

我が家のベランダからは夜の花火も楽しめ

夏を喜ぶ気持ちいっぱいのこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

スカートが繋ぐもの
 

以前からお世話になっている方に、スカートを作って頂いたことがありました。
自分サイズの好きな色の生地。
着脱がシンプル、夢のリバーシブル。
独自の世界が広がる生地合わせ。
オーロール時間でもプライベートでもいつも着用していました。
単身で行ったり来たりな時期も身につけていると安心、そして楽しい気持ちでした。

以前この記事に記した事がありましたが、いつも遠くからおいでくださっていた方にお話した所、
染め生地との合わせでご希望下さり、お届けが先日完了。

春のうららかな風を待ちわびるこの土地で、1着のスカートが繋いでくれるもの。
いつまでも大切にしたいです。

昨日は、北海道新幹線開通記念の為2016発の花火が夜空に咲きました。
寒空に広がる花火、これまで長く見てきた花火とは大きく違う感動でした。

 
お知らせとご挨拶 オーロール宇都宮を終えて



お知らせとご挨拶

夏に北国へ暮らしの場を移した事により、10月より単身赴任にて飛行機で行き来し努めてまいりましたが、次なる地へと完全にシフトすべく、2/14を持って最終、宇都宮オーロールは充電期間に入ります。
ご来店下さった皆様は、新天地でのオーロールを再び楽しみに、またいつか会いましょうと、温かいお声をかけてくださいました。
美味しいチョコや手作りの小物、メッセージ、心のこもったギフトと共にお忙しい中をご来店下さり有難うございました。


この場所で出会い、オーロールの時間を共に過ごし、様々な経験や時間の積み重ねによって繋がることができた全てのことに心から感謝したいです。



ご来店下さった方が書き記してくださった先に
今後は、ダイレクトにお手紙をお送り致します。
ふと届く、旅する手紙をお楽しみに。


新天地での環境を心から受け入れ、暮らしを見つめ直し、家族の時間を大切にしたいと思います。
住まいの窓からは、遠くまで広がる空、山の景色が望めます。
どこまでも美しい空が続き、色彩や表情に富んだ風景を目にしながら、時々オーロールでの時間を思い返すことがあることでしょう。
これから続いていく、新たな扉を開けていつも自分らしくありたいです。



このブログは、時間をかけて内容を整理致します。
しばらくは、このままご覧になれると思いますが、少しづつ変化すると思います。
ブログ継続を望まれる有難いお声を多数頂いておりますが、心の赴くまま記したい時が来るまでお休み致します。

お便りはこちらへどうぞ宜しくお願い致します。
日々のこと、オーロールにまつわること、ご自由にどうぞ。
お顔や声、眼差しや温度が伝わる時間がオーロールでしたが、今後しばらくはこちらにお届け下さいましたら幸いです。
zakkaaurore@icloud.com
…………………………………………………………

オーロールだった住宅は、オーナーさんにお返した後に、今後は静かなご自宅となり生活する方がおられます。
一般の住宅であることをご理解下さり、どうかそっと見守ってくださいます様お願い申し上げます。


オーロールは、フランスのフラックス畑に育つauroreというフラックスの品種名から名付けました。
時間を経る毎に魅力を深め、愛されるリネンのように、記憶に残る心の拠り所になる場所となるように。
願いを込めた名前でした。
オーロールは自分そのものであり、おそこで紡がれた時間や出会いは深い思い出です。
皆さま本当にどうもありがとうございました。
物語の序章のように、今後もつながっていくことと思います。
いつの日かまたお会いできますように。

フレンチトップス

 


オーロール手仕事の服
染めの麻地のフレンチトップス。
長年の経験と熟練の技術を持つ方が一着づつ丁寧に仕立てて下さったもの。
生地の色に合わせた年代物のボタンをセレクト。
すりガラスやミルクガラスボタンが主です。
フレンチトップスは、季節を通し着用でき、様々なシーン、幅広い方が着用できます。
とてもシンプルで、裏表が分からないくらいのスマートな仕立て。
平面に見た時に見えない事が、着用した時の感動に表れます。
動きを伴った時に考えられた配慮がある事にも。
バイアステープが美しく生地に沿っているので、ボタン周りがすっきり。
パターンについても、独自の工夫がなされています。
お世話になる方のおかげで、想いが形になり、お選び下さる方がいる事に感謝しております。
レモンの黄色や、ビリジアン、オフホワイト
灰桜、ローズピンクピンク、その他沢山の色の中からお選び頂けます。
(ボタンはヴィンテージの物を組み合わせる為ご相談)
時の経過と共に色の変化を楽しんで頂けるものも。
↑以前ご利用下さった方で、色違いをご希望の方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さいませ。
zakkaaurore@icloud.comまで





 
朴葉