<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< マルシェのひとコマ | main | シワシワシースルー 手縫いの巾着袋 >>
今日の一枚

晴れが続く幸せ。

陽の光が伸びて部屋いっぱいの明るさに、季節が移り変わっているのだと実感。

すっと高い 庭の松の木の真下は一番早く雪がとけ地面が顔を出し始めた。

 

Glenn Gould-J.S.Bach-Partita No.4  D

major-part 2 of 2 

いつも側に必要な音。

ここから窓の方を見て食事をしたり、作業したり。

国も違えば作られた時代も使われていた目的も違う家具。

でもその中にも、響き合うものがまあるく感じられて、イギリスの作業机だったこの天板の傷でさえ 今は無くてはならないものになってしまった。

 

札幌市南区のマルシェを終えたばかりの今日、

ふと、次はこうしてみたいと思い浮かんだ事があった。

きっとこれはとても大切な事。

オーロールとしての芯の部分を再び確認させ、実際に表現する小さな試みになるのだろうと思った。

集う楽しみ、ありがたみを心に刻んで、その先の新緑の時期の再会にも繋げていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
Trackback URL
http://zakka-aurore.jugem.jp/trackback/1100
TRACKBACK