<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

AURORE より重要なお知らせ


お知らせ

雨が降って しっとり。
雨の音  時に 心が落ち着き 時に せつなくも 快くも。



7月は、通常のスケジュールでオープン。
朝や、夜の時間外利用もどうぞ。
下記の事情により、定休日の水曜と日曜の時間指定ご利用にも出来るだけ対応したいと思います。
ご希望の方は事前にご相談くださいませ。



8月は、暑さが和らぐ夜の営業を最大限に活用したいと考えておりましたが、
事情により8月から9月は休暇をいただく事に。
遠方から栃木県に帰省される方からご利用のお声を頂いておりましたので、期待に応えられず大変申し訳ございません。


慣れ親しんだ宇都宮市から今後は暮らしの場を主人の故郷北海道に移す事としました。
9月後半以降からしばしの間 変動のある不定期なオーロールのオープンとなる予定です。
出来るだけオーロールとしてご利用いただけるよう 手仕事の展示やカテゴリーを絞った提案も思い浮かべてみています。
具体的に予定のお知らせを確定出来次第 追ってお知らせ致します。
ご不便をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。


現在のオーロールに至った流れのように、
北海道の地では、家族の時間を大切にしながら、その土地に根を張って、自然な流れで巡り会う場所で あるひとつのゆるぎない想いを胸に、いつの日か自分らしさを表現したいと思います。
現在の時点から、オーロールが少しづつ変化しながら、新たな再スタートをお知らせできる日まで
しばらく時間は経過すると思いますが
どうぞあたたかく見守っていただけましたら幸いです。

これまで、オーロールで出逢った方々のお顔 お一人おひとりを思い浮かべています。
複雑で美しい螺旋の模様のように、この場所で綴られた物語は決して消える事なく忘れることはありません。
いつも、ここで出会う方々は、あたたかくて安心できて、素敵な空気を持っていて、
みなさんのおかげで 沢山のことを学ぶことができました。
日本のもの作りを貫いて、国内外に発信しているメーカーさん。
ひたむきに手仕事を続け、日々努めて下さる職人さん。
そのような世界の方々にも関われて、声を聞く事ができる機会を嬉しくも誇らしく思っていました。
小さなお子様をお連れのお母さんやお父さんの愛情たっぷりの姿、お子様と微笑みを交わす瞬間の喜びや
贈り物をお届けした瞬間のドキドキ。
誰もいない時間に、オーロールの一室で1人黙々と空間と物とイメージに向き合う自分。
古い携帯電話のカメラを片手に自然光や影の様子に偶然の発見をとらえる瞬間。
ささやかな庭に、植物と寄り添い暮らす虫や、ひらりそばまで寄ってきては空に舞う蝶。
さえずる鳥たち。
今の時期は、透明の小さな殻のカタツムリの子供達が生き生き暮らし愛情持って成長を見守った紫陽花のトンネル。
ご近所の方のご理解もあつく、生活に密接した様々な音が 安心の音に聞こえていました。

この場所を大切に思う気持ちは深いままです。

近いうちに、皆様にお会いしてご挨拶ができる事を心より願っております。

ブログの記事だけでのご連絡ではなく、ダイレクトに自分の言葉でお伝えしたいです。
お会いしてお話をする前に、ブログ告知となってしまう事をお許しください。
北海道から季節のお便りお届けいたします。
メールや、お手紙書きますのでお知らせくださいね。
それではまた。

引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

セーラーパンツ

オーロール手仕事の服

セーラーパンツ
コードレーン
総丈93センチ

ウエストはゴムで調整可能
さらりと薄く、軽量です。
この形は注文不可の為一点限定
気になる方は、詳細お問い合わせく下さいませ。

明日は、定休日
ワイドパンツの出来立てホヤホヤ 黄色と青色のそれぞれをご紹介いたします。
ワイドパンツはご希望の生地にてサイズやその他注文応相談。
お楽しみに。
麦わら帽子と白いシャツ
   

 手仕事のシャツ
海外の年代物のシャツを元に、独自の工夫を施し、細部まで丁寧に針を進めた一着




 
物語が綴られる場所
 静かな時間が過ぎる日々。
ささやかな庭にやってくる鳥や蝶、通り過ぎていく猫達。
これまでに、大切にしまっている物語があります。
今日はどんな一日になるのかと窓を開け、一日の終わりに月を見上げて思い出す事。
日々の素晴らしい出会いの中、県内外からのお客様、その中でも男性のお客様。
お一人で、ひたむきに贈り物を選んで下さる姿。
何故だかとても心を打ちます。
映画を観ているようだと心の中で思う。
心を伝える贈り物に触れられて、ぐっと瞼を閉じます。
今日も、明日もその物語はオーロールのじかんのなかに綴られていきます。
手仕事のコート
  
オーロール手仕事の服
Aラインコート
表地 麻
裏地 綿

 
麻 染めのワンピース
 

AURORE 手仕事の服
ドルマンスリーブワンピース
染めの世界を感じる薄紫の色
究極のシンプル
雪景色
  


雪が舞う日
音もなく降り積もる白い景色に、静けさを感じる。





マットと木べらとクロス
 

 手縫いのマットとクロス AURORE MADE
FRANCEの木べら(他にも数種) 

 

色合わせが楽しくて繋ぎ合せたマット。
ずっと愛用しているブナの木べら、形違いで贈り物にしたいひと品。
  
秋の空気、あたたかな日の光だと感じられるようになりました。
満開だった紫陽花も、ドライに変わりセージの花が開いています。
この紫陽花の隙間を抜けるとAURORE入口です。

 

数年前、フランシーズナチュールさんから頂いた紫式部の枝。
その枝から実がこぼれ、いつの間にか大きく、いきいきと実をつけてくれました。
小さな芽が幾つも顔を出した頃は、除草に紛れてしまうところでしたが、もしかして?と思い、大事にしていました。緑の実が付いた頃、あの時の枝だったことを実感。おんぶバッタや蝶の幼虫、蜂などをよく見ます。
思い出深いナチュールさんがいた場所のあの子だったのでした。
西那須を訪れたら一番に伝えたいです。
ストライプシャツ
 
仏麻AURORE手仕事の服アンティークボタン使用